FRÖHLE – ドイツ製 1986年から

1986年、会社の創始者であるRita FröhleとWilhelm Kannengießerは出会いました。间もなく、彼らは共同で性的機能の問題に対処するための会社を設立することを決めました。これは今の有名なブランドFRÖHLEです。

始まり:

1980年代半ば、Wilhelm Kannengießerはメール広告(例えば、Beate Uhseのエロチラシ)から啓発を受けて、革新的な製品を医療市場に出す計画を立てました。Kannengießer家の医者は常にカッピングで患者を治療し、Kannengießer本人さえこの治療を受けたことがありますから、彼は、男性生殖器に適する同様の装置を開発するために最善を尽くしました。彼は、この装置は真空ポンプと合わせて使えば、陰茎のサイズを大きくして、勃起機能を改善できると思いました。Wilhelm Kannengießerはすぐに市場にギャップがあることを見つけました。これ以前は、このような製品を提供したチラシがありませんでした。このように、新しいビジネスモデルのインスピレーションが生まれました。

初期段階:

生産するには、まず、ブロー成形金型を購入しなければなりませんから、必要とされるコストがより高いです。解剖学的形状を持つ円筒を生産するために、より高い芸術レベルと実際の処分が必要であるため、最初には、解剖学的陰茎ポンプをブロー成形という方法で製造しました。1988年、このような解剖学的陰茎ポンプに関する最初の記事は Praline、Wochenend 及び Schlüssellochなどの雑誌に発表されました。多くの医者といろいろな初歩的議論を行った上で、FRÖHLE及び解剖学的陰茎ポンプに関する特集記事(例えば、性的機能の強化、年齢制限なしの陰茎増大など)も医学雑誌に掲載されました。このような品質の高いメディアプロモーションをきっかけに、最終的に大きな進歩を遂げたとともに、製品の範囲も大幅に広げました。

製品範囲のさらなる開発及び競合他社:

市販されている真空ポンプへの依存を回避し、お客様にさらに幅広い製品を提供するため、Wilhelm Kannengießerは真空ポンプの生産ツールを独立して開発しました。そのうちの多くは既に特許または実用新案特許の出願に成功しました。これによって、製品シリーズを大幅に広げて、また、様々なサイズ、材質の円筒を生産することも可能になります。

しかし、時間が経つにつれて、中国で作られた多くの安価な模倣品は市場に登場しました。これらの安価な模倣品は、品質が低く、耐用年数も短いから、FRÖHLEブランドの存続を脅かすことはありません。昔も今も、お客様はFRÖHLEの「100%ドイツ製」製品を信頼しています。FRÖHLEの製品は、最初から優れた品質のために有名で、アダルトショップでとても人気が高いものです。若いブランドにとって、これは大きな成功です。FRÖHLEは、新製品のアイデアによって、徐々に製品範囲を広げていて、男性と女性が彼らの実際的な問題を解決することに役立っています。

Rita FröhleとWilhelm Kannengießerにとって、お客様や彼らの注目点は常に優先的に考慮しなければいけないことです。彼らはお客様に接触することで、知識を絶えず深め広げ、様々なターゲットグループのニーズを満たすために、継続的な新製品開発を行っています。

 

今のFRÖHLE:

2019年3月、Rita FröhleとWilhelm Kannengießerが退職になりました。そして、彼らはFRÖHLEブランドを、若くて、革新的精神を持つチームに渡しました。このチームは、きっと、前任者の理想を受け継ぎ、FRÖHLEブランドの成長と発展を続けていきます。